博多スターレーンが今春で幕を閉じる

昨日、ニュースがプロレスの《西の聖地》博多スターレーンが今年3月末で閉鎖することを告げていました。

プロレス「西の聖地」が消える(Jタウンネット)

最近、私の周りではじわじわとボウリング熱が高まっていたり、年末に出た桑田佳祐氏の新曲も「レッツゴーボウリング」だったり、久しぶりに博多スターレーンでも覗きに行くかな… と思ったタイミングでした。経営面ではラウンドワンの一強なので、他場は色々と苦労していたことでしょう。

博多スターレーンは1972年11月開業で、我々世代にとってリアルタイムなヒストリック・モニュメントだったので少し寂しい想いです。

同時代に私が通っていたボウリング場は他に、サンヨーボウル(城南区田島)、大濠ボウル(中央区草香江)、西新パレス(早良区西新)、七隈ファミリーボウル(城南区福大前)でした。どのボウリング場も何度も通いました。昭和の娯楽といえば、映画、ボウリング、野球観戦だったですね。博多スターレーン、長い間 お疲れさまでした。

昭和46年(1971年)頃の福岡のボウリング場に関するブログがあったのでリンクしておきます。

昭和の福岡・なつかしの記憶

スポンサーリンク
ダブルプライム-336✕280

この投稿をシェアする

モッちゃんをフォローする

スポンサーリンク
ダブルプライム-336✕280