#001:1976年の私は…(その1)

萩原誠さんが毎週土曜日に更新している「実録!博多ディスコ物語」がドキュメンタリーで面白いです。ご本人が考えていたこと、エピソードや失敗談など、当時のノンフィクションが満載です。ローカル色が強いというより地域限定&時代限定のスペシャルな記録です。

実録!博多ディスコ物語(https://ameblo.jp/hakatadisco/)


ここまで「実録!博多ディスコ物語」では1976年というキーワードで話題が進んでいます。

では、1976年の私は?

まだ中学3年生でした。朝も昼も夜も休日も、3年間打ち込んだバスケットボールの県大会予選でベンチ入り出来ないというまさかの事態に、世の中の不条理を感じていました。それまでは、スタメンを外されてもベンチ入り出来ないということはありませんでした。でもその日、私はベンチから外されて代わりに2年生がベンチ入りしていました。監督の後日談によると、2年生を大舞台に慣れさせて次世代の育成に繋げる為だということでした。

予選は負けました。そして、私は力が抜けました。以後、様々な局面で力が入ることはありませんでした。

バスケット部を引退して高校受験へ向かう状況下でも、勉強に力が入るはずがありません。当時の受験生は、誰もが夜中でも机に向かっていました。私も夜中は机に向かっていました。でも、ラジオを聴いていました。短波も受信するマニアックなラジオです。アレが受信できるんです。

アレとは《FEN》です。世界各地の米軍が駐留する地域に設けられた基地関係者とその家族向けの放送局で、日本での放送は1997年まで《FEN(Far East Network=極東放送網)》と呼ばれていました。福岡にも、雁の巣、春日など、まだ米軍が駐留していたので、アレが聴けたのです。

リンク(YouTube)は1981年のものですが、だいたいこんな感じです。

1976年のヒット曲は(未だに破られていないシングルレコード売上歴代1位の)「およげたいやきくん」です。しかし、私はアレを聴いていました。

続く…

スポンサーリンク
ダブルプライム-336✕280

この投稿をシェアする

モッちゃんをフォローする

スポンサーリンク
ダブルプライム-336✕280